FC2ブログ

プランニング03 【CGから陽ざしを検討】

プランニング02では、各部屋どこの階にするかを決めました。

heimen180226.jpg
階段はこの位置にまっすぐな階段を配置したい希望があります。
この場所は隣家の関係から陽あたりがよく、この方向で階段を配置すると、
上階からの太陽の光が、下階まで陽ざしが入りやすいからです。

パース01
CGを使い確認してみます。

パース04
建物が混みあった場所でも、右の窓側は隣家が少しひらけていています。
パース03
ちょうど隣家から計画している自宅を眺めた図です。
外のひらけた部分は、日射や通風をの通り道となります。
近隣との立地条件で、階段の位置を決定しました。

パース02
CGでのシユミレーション。
陽ざしが階段を通して、下の階に入ってきています。

階段の採光
実際の写真。
計画のイメージと実際の陽ざしが、ほぼ似たようになりました。

このCGは、太陽の陽あたりがわかりやすいので、実設計によく使っています。
階段の位置が決まりましたので、後はその他の室を配置していきます。

heimen.jpg
最終的にはこのような平面図となり、
次回は高さのについて、検討していきます。




ブログランキング・にほんブログ村へ

太陽光発電03

都内ではなかなか太陽光発電をのせる方が少ない。

理由は2点。
屋根が南に向けにくい。
工事費用が厳しい。

ひとつ目の屋根のことは、都条例で高度斜線が要因です。
こちらはまた別の機会にご紹介します。

今回は工事費用が厳しいに、良い仕組みができました。

建て得
LIXILと東京電力が組み、「建て得バリュー」という太陽光発電設置を無料で工事、提供してくれるサービスが、平成30年4月より始まります。

契約
これは家を建てる方には、メリットの多い内容です。
ただし、守らないといけないルールもあります。

メリット
①無料で太陽光発電を設置してくれる
②日中の太陽光が発電した電気は、電気を購入することなく、使用できる
③10年後は太陽光発電はもらる
④15年保証がつく
⑤ZEH補助金にも対応します

デメリット
①10年間の売電費はLIXILのもの
②玄関ドアはLIXIL製
③窓はLIXIL製

電気代
さらにさらにお風呂だとかトイレをLIXIL製品にすると、月々の電気代が数パーセントお得になります。

補助金
住まいをZEH申請が必要なので、省エネ性能の良い住まいをつくる必要があります。
メリットの多いサービスなので、ご検討ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

断熱03

今回は断熱材についてです。
断熱材は多種多様にありますので、どの断熱材が住まいに適しているのか、
わからない所でもあります。

断熱材の良し悪しを話していると出てくるのが、気密と防湿。
余計にわからなくなってきます。

話が混乱してしまうので、全てを分けて考えるとすっきりします。
断熱材、断熱方法、防湿、気密と4項目をご紹介します。

まずは断熱材。種類も多様で、住まいでよく耳にする断熱材をあげてみると
グラスウール
ロックウール
セルロースファイバー
羊毛
スタイロフォーム→ 押出法ポリスチレンフォーム
ネオマフォーム→ フェノールフォーム断熱材
ウレタン吹き付け
等々、上げればたくさんあります。

同じスタイロフォームでも、また数種類に別れてます。
ご紹介した断熱材は一部ですので、様々な種類の断熱材が沢山あることがわかります。

IMG_9187.jpg
スタイロフォームで屋根を外断熱した例

断熱材は多種多様で何が良いのかで分かりにくくしています。

しかし、断熱材の目的は住まいを断熱すること。
きちんと住まいを断熱すれば、何を使用しても良いです。

一部の建築関係者の方たちによって、「あの断熱材は使わない方がよい」とか
声高々、話しているのを見受けられます。
使用する断熱材をきちんと施工し、住まいをしっかり断熱すれば
全く問題ありません。


話を戻します。
断熱材は種類によって、性能がちがいます。

dannnetuzai.jpg
断熱性能については、こちらの表が参考にしてください。

きちんと住まいを断熱するには、断熱材の厚みも重要です。
性能の良い断熱材を使用しても、厚みが薄いと効果は発揮しません。

断熱性能×厚み
が重要になります。

住まいの断熱方法は、つくり手により違います。
各会社にて勧めてくる断熱材がありますが、
しっかりと工事して断熱すれば、どの断熱材を利用しても問題ありません。
断熱材は素材にとらわれることなく
選択することが、とても重要です。

次回は、断熱方法をご紹介いたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

家電02 -冷蔵庫-

本日も天気に恵まれ、あたたかい。

新しい住まいになると、買いかえる方も多い冷蔵庫。

冷蔵庫はデザインや機能、容量が気になるところです。

狭小住宅では、冷蔵庫の大きさに注意が必要です。
木造の廊下幅は、通常の場合75センチぐらいです。
廊下や階段の幅が75センチの場合は、冷蔵庫の幅70センチ×奥行70センチぐらいが、搬入に適したサイズです。
2階以上にキッチンがある間取りでは、天井高さも搬入に影響をします。

2階に大きな窓があれば、外からリフトやレッカーでも搬入はできます。
冷蔵庫を専門に搬入していただける業者もおります。
費用は3〜5万円ぐらいです。

搬入を考慮して、狭小住宅で2階以上にキッチンの場合では、冷蔵庫の容量は500Lぐらいが適しているでしょう。
もしそれ以上の大きさがご希望の場合は、プランニングの時点で設置位置と搬入方法の検討が必用です。

我が家では搬入のこともあり、冷蔵庫の大きさは500Lぐらいに決定。
次は電気消費量。
プランニング01でもお伝えした通り、家づくりの基本方針
「ゼロエネを目指す」
を踏まえて、機能とデザインをさておき、電気使用量を検討。

冷蔵庫2
以前に使用していた2006年製の冷蔵庫。
容量450Lで、年間消費電力量470kWh/年。
現在の新しいのは電気代は約半分近くにもなります。

同サイズの新しい冷蔵庫は、各メーカーさん年間250~300kWhぐらいが多くありました。
なるべく省エネで気にいった冷蔵庫を探していきます。

次はデザイン。
白が基調なキッチンに合わせて、妻が選択。

冷蔵庫1
東芝さんの462Lの冷蔵庫です。
年間消費電力量 264kWh。
10年前の冷蔵庫に比べて、4割も電気消費量が少なくなっていますね。

この冷蔵庫は各社の冷蔵庫と大きく違う点が、冷凍室が一番下で、野菜室が下から2番目。
個人的には冷凍室と野菜室は逆の方が、使いやすいと思ってます。
妻は使い慣れると、野菜室が上のほうが、使いやすいと言ってます。
デザインやその他の機能は、とても満足してます。

冷蔵庫は3人がかりで、無事に搬入していただきました。
狭いところ、ありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


プランニング02

狭小住宅の我が家。
敷地17坪に建てられる全部の面積は、
3階建で27.2坪+Loft。
無駄なスペースをなくし、プランニングしないといけません。

まずはどの部屋をどの階に設けるかです。
LDKは、陽あたりのいい2階。
子供部屋2部屋は3階。
となると、寝室は1階。
ここまではすんなりと決まります。

後は水回り。
トイレ2箇所とお風呂と洗面をそれぞれ何階に配置するか?

小さめな3階建の住まいでは、多くの方が最初に考えることです。
お風呂と洗面は1階か、LDKのある2階か。
洗濯干しと家事導線を考えるとお風呂と洗面は2階だけど
その分LDKが小さくなる。
お風呂と洗面が1階だと、洗濯干しに1階から3階まで登らないといけないし、
キッチンからも遠い。

heimen2.jpg
こちらは私が推してた洗面とお風呂が2階案。
小さな家だからリビングはなし。ダイニングでくつろぐ案。

家族で侃々諤々の上、洗面とお風呂は1階に決定。

1階洗面とお風呂案に決まると、1つのトイレは1階、もうひとつを2階か3階か?
こちらも家族で話し合い。

もうひとつのトイレは、LDKは狭くなるけど、洗面付で2階に配置。

1階のトイレはどちらかというと、プライベートな場所。
2階のトイレはパブリックスペース。
来客の方にも気兼ねなくお使いいただきたいので、LDKから直接ではなく、洗面のワンクッションとりました。

平面図
部屋のそれぞれの階が決まり、次は部屋の配置となります。

LDK180215



ブログランキング・にほんブログ村へ



パッシブ冷暖05

2/12(月)、本日は祭日です。

KIMG0944.jpg
いつものごとく、朝6時の室温。
昨夜にパッシブ冷暖を止めて、現在、無暖房。
外は1℃です。

あたたかいって、素晴らしい。

今回は前回のパッシブ冷暖04に続き、パッシブ冷暖にかかる電気代です。
12/16~1/15までの1ヶ月間
電気使用量 171.7kWh
電気代 3,777円

パッシブ冷暖に使用した電気使用量と電気代です。
パッシブ冷暖であたためたエリアは、1階と2階。
3階は自然とほんわかあたたまります。
間取りはこちらからプランニング01

予想したよりも、電気使用は多くありませんでした。
この期間は、平年よりも雨天が極端にすかなく、晴天が多くありました。
晴天が多いと陽ざしで部屋を暖めます。
パッシブ冷暖をOFFにすることが多かったので、少ない電気使用で生活できたようです。

KIMG0950.jpg
今は冬本番。
1/16から2/15のデータがそろいましたら、またご紹介をいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



パッシブ冷暖04

2/9、本日はozoneさんとつくり手の方が3組、パッシブ冷暖の見学にお見えです。

KIMG0934_R.jpg
本日はパッシブ冷暖のご見学のため、昨夜から連続運転。
あたためておきました。

KIMG0930_R.jpg
今日は陽射しもあるので、さらに暖かくなります。

冬にパッシブ冷暖を利用して、室温データや光熱費がでてきましたので、ご紹介します。

室内温度変化180113
1/13(土)のLDKと外気温のデータです。
晴天の日でした。
グラフのオレンジはパッシブ冷暖を付けていた範囲です。
朝、7:00にパッシブ冷暖をON。
9:30にOFF。
夕方の5時まで、陽ざしを取り込む。
18:00時にパッシブ冷暖をON。
22:00時にOFF。
暖房時間は6時間30分

室内の最高温度、夜8時24.5℃
室内の最低温度、朝7時19.0℃
1日の室温の温度差が5.5℃。
温度差が少ないのは、快適性につながります。


次に陽ざしのない天候が悪いは日です。
この日は関東に大雪が降り、首都圏は大混乱でした。

室内温度変化180122
陽射しがないと、もちろんパッシブ冷暖をつける時間が長くなります。
外は大雪でもパッシブ冷暖で、こちらも温度差が少なく快適に過ごせました。

次回はパッシブ冷暖の電気代をご紹介します。



ブログランキング・にほんブログ村へ

断熱03 -ブラインド-

部屋の熱が窓から逃げるのを防ぐため、付属物でおぎないます。
今回はブラインドのご紹介です。

ハニカムスクリーン2
我が家の窓につけたブラインドのハニカムスクリーン。
商品名はニチベイのレフィーナ

ハニカムスクリーン3
断面をみるとこのようにハニカム構造になってます。
ハニカム構造の中の空気があるため、断熱性能が向上します。

サーモカメラで違いを撮影してみました。

020601.jpg
こちらは窓にハニカムスクリーンなし。
窓の下枠あたりは15℃を下回ってますね。窓はガラスよりも、フレーム枠が冷えてます。
この日は大雪が降った日で、外気温は0℃。

020602.jpg
次にハニカムスクリーンのレースカーテンを閉めてみます。
レースカーテンを閉める閉めないで、明らかに違いますね。
窓中心で22℃ぐらい。
下の方は18℃ぐらいで冷たくなってます。

020603.jpg
こちらは、ハニカムスクリーンの遮光生地にしてみました。一段と保温性があがってます。
ブラインド全体が、壁の表面温度に近くなりました。
窓から受けるヒヤッと感がなくなり、良くなりましたね。

020604.jpg
さらにさらに外側のシャッターを閉めての撮影。
一段の効果を発揮。
シャッターも効果があります。

窓への付属物は、色々とありますので工夫次第で保温効果が高まります。
窓への他の付属物については、またご紹介いたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

断熱02 -窓-

2/3、今日は来月建築予定の建て主さんと設計士さんが、見学と打合せにお見えになります。

KIMG0903_R.jpg
天気ほどほどで、太陽の陽ざしとパッシブ冷暖でぬっくりとしています。

我が家では断熱性能を少しあげました。
断熱性能をあげることは、家の保温性がよくなります。
熱が逃げにくいので、少しの暖房で家を温めることができます。

家のなかで熱が逃げる場所は、外に面しているところ。屋根、壁、床、天井、窓。
各部位をしっかりと断熱することが大切です。

中でもいの一番に取り組みたいのが窓。
他の部位よりも数倍、熱が逃げます。

APW330_R.jpg
我が家では、YKKapさんのAPW330という樹脂窓を採用しました。
断熱性能を高めるために、もっと性能の良い窓はありますが、防火性能が必要ですので、こちらを選択。

窓について詳しくご紹介します、
住まいに使う窓は、フレームとガラスで構成しています。
フレームは、アルミ製、アルミ+樹脂製、樹脂製、木製が主流です。
ガラスは1枚のガラスから現在主流のペアガラス、ペアガラスにフィルムを入れたLow-Eペアガラス、最近ではトリプルガラスも使用します。

ペアガラスやトリプルガラスになると、ガラスとガラスの間に入れるガスによって、断熱性能も違います。入れるガスは、空気やアルゴンガスなどがあります。

窓の断熱性能は、とても大事なのですが、窓は付属物で断熱補強ができるのも、面白い所です。

カーテン、ブラインド、障子、断熱戸、シャッター、雨戸、内窓などなど。

KIMG0902_R.jpg
我が家では、ハニカムサーモのブラインドを取り付けました。
レースや遮光もできたり、見た目もよく重宝してます。

ハニカムサーモの性能は、またの機会にご紹介します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

家電01

今回は新しい住まいになって購入した家電を紹介いたします。

お客様と住まいのプランニングで、家電は重要な要素になります。
冷蔵庫、洗濯機、調理器、そして掃除機は、置場所やしまう場所をプランニングに落としこむ、代表的な家電です。
最近ではお掃除ロボットの導入が増えています。

我が家にも お掃除ロボットを購入しました。

ミニマルくん
日立のミニマル。
我が家では「ミニマルくん」と呼び親しんでます。
これが中々と便利で、外出前にお願いすると完全とはいきませんが、それなりに掃除をしてくれます。

お掃除ロボットは各社色々と販売しています。
特にルンバは、ご存知の方が多いかと思います。

お掃除ロボット は大まかに別けると2種類あって、部屋の大きさを把握し効率よく掃除するロボットと、部屋をランダムに動いて掃除するロボットです。

購入にあたり前者の賢いお掃除ロボットがほしかったのですが、妻から小ぶりで小さい「ミニマルくん」がいいと、私の希望は却下。
我が家に ランダム型の「ミニマルくん」が加わりました。

お掃除ロボットは、当たり前ですが充電が必要です。
プランニングではどこで充電するかが、重要になってきます。
家具の下やベンチの下などあまり目立たない場所とし、充電用のコンセントも必要です。
充電器含めると40~45㎝あるので、思ったより大きなものですね。

余談ですが、ある日突然、家族より「ミニマルくん」自殺したとメールが。

KIMG0894_R.jpg
2階のこちらから落ちてしまい、修理となりました。
何度も階段や吹き抜けの段差は、認識してたのですが。
きちんと説明書を読むとこのタイプは、階段やロフトは認識しないようです。

ミニマルくん、申し訳ない。

お掃除ロボットを購入する方は、この辺も確認が必要ですね。

プロフィール

passivehousetokyo

Author:passivehousetokyo
仕事として家づくりを初めて、はや20数年。ようやく自邸を建てました。学校では教えてくれない家づくりは、誰もが未知の取り組みです。自らの経験を通して、家づくりの基礎、よかったこと、失敗したことなどなど、様々なことをお伝えしていきます!

検索フォーム