FC2ブログ

断熱03 -ブラインド-

部屋の熱が窓から逃げるのを防ぐため、付属物でおぎないます。
今回はブラインドのご紹介です。

ハニカムスクリーン2
我が家の窓につけたブラインドのハニカムスクリーン。
商品名はニチベイのレフィーナ

ハニカムスクリーン3
断面をみるとこのようにハニカム構造になってます。
ハニカム構造の中の空気があるため、断熱性能が向上します。

サーモカメラで違いを撮影してみました。

020601.jpg
こちらは窓にハニカムスクリーンなし。
窓の下枠あたりは15℃を下回ってますね。窓はガラスよりも、フレーム枠が冷えてます。
この日は大雪が降った日で、外気温は0℃。

020602.jpg
次にハニカムスクリーンのレースカーテンを閉めてみます。
レースカーテンを閉める閉めないで、明らかに違いますね。
窓中心で22℃ぐらい。
下の方は18℃ぐらいで冷たくなってます。

020603.jpg
こちらは、ハニカムスクリーンの遮光生地にしてみました。一段と保温性があがってます。
ブラインド全体が、壁の表面温度に近くなりました。
窓から受けるヒヤッと感がなくなり、良くなりましたね。

020604.jpg
さらにさらに外側のシャッターを閉めての撮影。
一段の効果を発揮。
シャッターも効果があります。

窓への付属物は、色々とありますので工夫次第で保温効果が高まります。
窓への他の付属物については、またご紹介いたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

passivehousetokyo

Author:passivehousetokyo
仕事として家づくりを初めて、はや20数年。ようやく自邸を建てました。学校では教えてくれない家づくりは、誰もが未知の取り組みです。自らの経験を通して、家づくりの基礎、よかったこと、失敗したことなどなど、様々なことをお伝えしていきます!

検索フォーム