FC2ブログ

プランニング10 【日射取得する窓の大きさⅡ】

プランニング09 【日射取得する窓の大きさ】では、冬の日射熱利用のために設ける窓の面積を検討しました。
今回は2015年発行の最新版の自立循環型ガイドライン(温暖地版)でも検討してみます。

日射熱利用の目標レベルと達成方法
こちらは日射熱利用の目標レベルと達成方法です。
建物の断熱性能と蓄熱性能から暖房エネルギーの削減量が確認できます。

我が家では、近隣に囲まれていますので、2階と3階の窓で冬の陽ざしを得ます。
一番に日射を取得する南側の窓面積といっしょに構造を強くすることを考えると、南側窓の面積は、14.51m2。
冬の日射取得量μ*を計算すると0.059。

先ほどの表から我が家の暖房エネルギーの削減量は、10パーセントとなります。
冬の太陽で1割のエネルギーがまかなえる計算になります。

立面図
暖房エネルギーの削減量20%にするには、逆算すると3階の引違窓をもう一つ必要でした。
プランニング上、難しいので日射以外のことでエネルギー削減を目指します。

南側窓面積の目安がついたところで、構造の検討を本格的に進めます。



ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

非公開コメント

プロフィール

passivehousetokyo

Author:passivehousetokyo
仕事として家づくりを初めて、はや20数年。ようやく自邸を建てました。学校では教えてくれない家づくりは、誰もが未知の取り組みです。自らの経験を通して、家づくりの基礎、よかったこと、失敗したことなどなど、様々なことをお伝えしていきます!

最新コメント

検索フォーム