FC2ブログ

プランニング12 【木構造の検討2】

随分と期間があいてしまいましたが、プランニングの続きです。
前回のプランニング11 【木構造の検討】では、木造のグリッドチェックをご紹介しました。

グリッドチェックが終わると詳細に木構造を計画していきます。
我が家は耐震に優れたSE構法を採用しました。
SE構法は専門の構造設計室があり、構造担当に依頼をして勧めていきます。
一般的な在来工法ですと、専門の構造設計に依頼したり、プランニング担当設計士が構造設計をすることもあります。

昨今の構造設計は、コンピューターに入力して計算をすることが多いです。
私が学生の頃は、時間がとてもとてもかかかりましたが、手計算をしていました。

構造設計では、地震や風などで建物が壊れないようにするために、耐力壁の量と配置、配置のバランス、水平構面(床や屋根のこと)剛性などなど計画します。
そして、建物の荷重を支える柱や梁の量と位置、大きさを計画。
コンクリートの基礎や地盤の強さなども検討事項です。

2F床伏図
2階構造伏図です。
□は柱。☓は下の階の柱。
赤や青は耐力壁の位置。
床梁の大きさなども記載。

こちらを確認して、計画した建物の高さに合うのか?
柱や耐力壁は、計画上問題ないか?
窓はしっかりと入るか?
換気扇の天井内ダクトは入るか?
水回り設備の配管、電気配線はきちんと納まるか?
細かなことを言うとキリがないのですが、色々と検討していきます。

構造立面図
こちらは構造の立面図。

この構造図面をもとにプラン設計者は、展開図や断面図、矩計図を作成し、構造設計者と構造計画を仕上げていきます。
最終的には数百ページに及ぶ構造計算書と構造図面が出来上がります。

木構造が計画できましたので、次回は基礎設計をご紹介します。



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

passivehousetokyo

Author:passivehousetokyo
仕事として家づくりを初めて、はや20数年。ようやく自邸を建てました。学校では教えてくれない家づくりは、誰もが未知の取り組みです。自らの経験を通して、家づくりの基礎、よかったこと、失敗したことなどなど、様々なことをお伝えしていきます!

検索フォーム