FC2ブログ

プランニング16 【地盤調査2】

プランニング15 【地盤調査】に引き続き、地盤調査の結果をご紹介します。

我が家では、地盤調査を2回行いました。
1回目は古い建物を解体前の地盤調査は、補強の有無と工事費を判断するためです。
2回目は解体後は更地でしっかりと地盤調査をします。

地盤調査2
2回目の調査です。

調査ポイント
図のように新しい家の4隅と真中の5箇所を調査します。

スウェーデン式サウンディング調査結果02
測定点1の調査結果です。
深さ5mまで調査しました。
深さ25㎝ごとの半回転をグラフ化した図です。
ピンクとグレーの棒グラフで、赤の矢印ラインより右に棒グラフが超えていると地盤が強いことになります。
測定点1はグレーの部分がありますが、地盤は良い方です。


スウェーデン式サウンディング調査結果01
こちらは測定点2。
深さ1.5mまでグレーの棒グラフです。
地盤が弱いことを示します。

その他の測定点は省略しますが、地盤に良い場所と悪い場所が混在していました。
調査結果を分析して、地盤補強工事を行うことにしました。

耐震等級3の地震に強い建物にしても、地盤が弱いと建物は傾いたりします。
地盤補強工事をすることで、安心して新しい住まいを建てることができます。



ブログランキング・にほんブログ村へ






パッシブ冷暖08 【夏の光熱費】

この夏は猛暑が続き、暑かったですね。
ようやく、秋が近づき涼しくなってきました。
本日はパッシブ冷暖の電気使用量と光熱費を紹介いたします。

パッシブ冷暖_夏180717
3階建の我が家では、1階と2階にパッシブ冷暖を採用しています。
詳しくはパッシブ冷暖07 【猛暑を快適に過ごす】をご覧ください。

パッシブ冷暖夏の電気使用量・電気代表
こちらはパッシブ冷暖の電気使用量と電気代です。
暑い時期は24時間冷房をつけてます。
猛暑でも涼しい日もあります。猛暑が続いた8月は9割の日にちで、24時間冷房状態でした。

暑い時期の3ヶ月で平均すると、電気使用量173kWh/月、電気代3,813円/月でした。
1日中快適な室温を維持しがら、光熱費はローコストに過ごすことができました。

※電気代は1kwhあたり22円で算出しています。基本料金、消費税等は電気代に含んでおりません。


夏の温度180717
7/15、朝9時。外気温30℃。の時の室温。
猛暑の中一日中、ひんやりしてました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


プランニング15 【地盤調査】

プランニング14 【基礎構造の検討2】に続き、地盤の検討を行います。

基礎コンクリートは地面につくりますが、建築予定の地面によっては建物の重さを支えきれず、建築後に家が傾いたり、地面に沈んだりすることがあります。

液状化
写真は東日本大震災で地面が液状化し、今まで建っていた交番が傾いた事例です。
写真は震災発.comより

家をつくるときは、地面の強さを調査します。
この調査を地盤調査と言います。
地盤調査の結果、地盤への補強工事が必要な場合は、地盤補強工事を行います。
地盤補強工事は数十万円~数百万円かかりますので、大きな費用がかかります。

[広告] VPS

こちらが地盤調査の映像です。
正式には「スウェーデン式サウンディング調査」といいます。
低層住宅でよく行う調査法です。

地盤調査
我が家は建替でしたので、解体前に一度、調査をしました。
地盤改良工事費用の有無を調べるためです。
建物解体後にもう一度、きちんと調査をします。

次回は調査結果をご紹介します。



ブログランキング・にほんブログ村へ

太陽光発電04 【停電時の発電】

台風21号と北海道胆振東部地震の甚大な災害が起こりました。

災害によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ を申し上げます。


災害後、停電が広範囲に発生をしています。
9/10現在、関西では約1.3万軒が停電中です。
台風21号により多くの電柱が倒れたことが原因です


電柱倒壊 (京都新聞社より)

北海道ではほぼ停電は回復していますが、苫東厚真発電所が被災しとことで北海道全体の電力が足りず、計画停電予定も検討しているようです。
私も東日本大震災の時に計画停電を経験しましたが、電気がないと何かと生活が不便です。



昨日、我が家では家族で災害時の準備を始めました。
緊急避難場所に持っていくもの準備、家庭での一週間分の食料備蓄、簡易トイレ、備品と用意するものが多くあり、思ったより大変でした。


IMG_0435.jpg 大災害時の停電時に設置した太陽光発電が壊れていなければ、電気を利用できます。
利用できるのは太陽光発電が発電しているときですので、蓄電池(電気を貯める装置)がなければ、日中のみです。


パワコン02 我が家に設置した太陽光発電は、停電時にこの機械のから電気を利用します。
この機械は、パワーコンディショナー(パワコン)と呼びます。
太陽光発電で作った電気は直流です。電気を利用するため交流に変換する機械です。
パワコンの横にコンセントがありますので、こちらから電気を利用します。


パワコン03 利用には少し手順がありますので、説明書やパワコンに貼ってある説明に沿って行ってください。
我が家ではパワコンのコンセントとは他に、2階LDKにも停電用専用コンセントがあります。
2つのコンセントで2000Wまで使用できます。
エアコン1台と冷蔵庫、テレビ、スマホの充電ぐらいは使えそうです。
電力は太陽の光の強さに左右しますので、天候を見ながら使用します。



ポータブル太陽光 

ちなみに災害時用にポータブルなものも用意しました。
そこそこスマホと乾電池の充電ができます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

家電03 -扇風機-

この夏はパッシブ冷暖があり、快適に過ごせました。
ただパッシブ冷暖に物足りないことがあります。
今年の夏は猛暑が続き、外から家に帰ってきた時は家が涼しいのはとても満足しているのですが、パッシブ冷暖はエアコンの冷気を床下に送る仕組みですので、風を感じられないことです。
エアコンの冷たい風を浴びたい時もありますよね。

そのようなときは、扇風機で代用します。
我が家には扇風機が4台あります。
考えてみると、多くありますね。

the green fan こちらは、バルミューダーのグリーンファン。
新築のお祝いでいただき、とても重宝しています。
風がとても気持ち良い機種です。詳しくは下記で。
消費電力も少なく1.5W~20W
最近の機種は充電式のコードレスとのこと。

the green fan 1 ちなみに小さくもできます。


kamome fan FKLT-201D / TLKF-1201D こちらは、カモメファンの03 Fseries。
首が上にも向き、サーキュレーターとして使えるのも気に入ってます。
消費電力はこちらも少なく1.5W~10W
羽根の直径が小さくコンパクトなので、持ち運びがしやすいですが、風力は小さめです。


扇風機02 こちらは昔ながらの扇風機。
弱でも風力が強いのが特徴です。
就寝時には風が強すぎますね。
定格消費電力36W

最近の機種は、やわらかい風をだす扇風機が主流のようです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

passivehousetokyo

Author:passivehousetokyo
仕事として家づくりを初めて、はや20数年。ようやく自邸を建てました。学校では教えてくれない家づくりは、誰もが未知の取り組みです。自らの経験を通して、家づくりの基礎、よかったこと、失敗したことなどなど、様々なことをお伝えしていきます!

検索フォーム